建物診断事業BUILDING DIAGNOSIS

建物診断調査の必要性

KSKの建物診断調査で、建物のロングライフ化を、
より確実に、より経済的に。

建物は年数が経てば劣化します。現状を正確に把握しましょう。建物の寿命を延ばし、資産価値を高めるためには、計画的な診断と的確な評価が必要です。

診断の流れ
建物の寿命

建物も人間と同じように寿命があります。計画的に
建物診断を実施し、不良箇所を早期発見しましょう。

建物診断調査の効果

ビル管理で豊富な実績を誇るKSKが、
建物の資産価値を高めます。

こんなことでお困りの方はご相談ください。

  • ●建物の長寿命化を図りたい。
  • ●建物の資産価値を高めたい。
  • ●修繕時期を掴みたい。
  • ●修繕金額が知りたい。
  • ●省エネ化を図りたい。

KSKでは、小・中規模建物の
建築診断を無料で行っています。
お気軽にお問い合わせください。

  • 建物寿命を
    伸ばせます
    外壁や防水状態を確認し、タイルの落下や雨水の浸入を未然に防ぐことができます。
  • 建物の美観を
    保ちます
    必要な時期に、必要な修繕をすることにより、建物の美観を保つことができます。
  • 修繕計画は
    費用が安価です
    計画的な修繕は部分修繕で可能なため、費用も安価で済みます。

その結果

  • ●建物の資産価値が上昇
  • ●入居者へ安心と安全を提供
  • ●入居者の増加
  • ●省エネ効果による経費削減
  • ●修復による企業イメージの上昇

建物診断内容

建物の外壁や屋上から、各種設備の診断まで、
さまざまな箇所の劣化状況を調査します。

建物の内・外部をそれぞれの建物診断技術により検査することで、建物の実態状況を把握し、総合的に評価します。

建物診断内容
外壁調査
赤外線サーモグラフで、ひび割れ、雨水侵入、老朽度を調査
屋上防水検査
屋上やベランダの防水状態を調査し、必要額を算出
電気設備の検査
受変電設備や照明設備を点検し、交換時期と必要額を調査
防災設備の検査
防犯設備の状態・老朽度を調査し、必要額を算出
空調設備の検査
空調機の状態、老朽度を調査し、必要額・省エネ方策をご提案
給排水設備の検査
給排水設備の状態、配管類の老朽度を調査し、必要額を算出

長期計画管理

建物寿命の延命化やLCCを考慮した
長期保全計画書を作成します

建物の実態状況を把握し、状況に適した修繕工事の計画をご提案します。計画的な維持保全でコストも削減します。

※LCC(ライフサイクルコスト):企画・設計段階から建設、運用管理、解体にいたる建物に生涯必要な総コストのことです。

長期計画管理
長期計画管理

ページの先頭へ

近畿システム管理株式会社

〒660-0804 兵庫県尼崎市北大物町16番55号 電話:06-6482-5641(代表) FAX:06-6482-3944

Copyright © KINKI SYSTEM KANRI LTD. All Rights Reserved.